« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

スペイン編

ネタがない・・・。ということで昔の旅行の話を。2002年。4月の半ばから約1ヶ月程ヨーロッパに建築を観に旅にでました。友人と二人、どちらも初の海外旅行。英語も喋れない。しかもバックパック。観る建築の予定だけはたて、宿はその日その日で探す。なんとも無鉄砲な旅でした。
最初に入国したのはスペイン。一応初日は心配だったので日本から予約しておいたホテルに向かう。ところが予約が入っていないという始末。空部屋もなし。日はすでに暮れかかっている。慌てた私たちは思い荷物を背負いインフォメーションへ向かったのです。とりあえず、安い宿をさがし、私が選好みをしていた為、焦っている友人に怒られながらなんとか宿にたどりつきました。その頃にはすでに辺りは真っ暗。食事が出来そうなお店も近くにはなく、機内食ででたサンドイッチを持っていたのでそれを食事とし(しかもものすごく大味)、散々な初日を迎えたのでした。

Dcp_0493b

スペインでみた建築はミース・ファン・デル・ローエの『バルセロナ・パビリオン』。水平なラインと壁とガラスによる空間構成が美しい建物です。

Dcp_0516b

あとはお馴染みガウディの『サグラダ・ファミリア』等。
スペインの印象は日差しがきついこと、陽気な方が多く食事をしていても、おばあちゃんが色々と話しかけてくださり(内容は解ってませんが)アディオス!と去っていかれたのを覚えています。

こうして女二人珍道中が始まったのでした。

次回ネタがない時にはフランス編をお届けしようと思うヨシオカでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

或る日の現場見学

つい先日のお昼過ぎ。
いつものように所長に「御飯行こうか」と声を掛けられました。
僕は「この頃暑いし、今日は冷たいうどんにでもしようかなぁ」と考えていたのですが、
所長は「何がいいかなぁ」と考え込んでいるようでした。
「まあ、とりあえず行こう」ということで、事務所を出たとき、「ちょっとかまわん?」と、
所長に言われ、いつも歩いてよく行くうどん屋さんとは逆方向に車で向かうことになりました。
それから、どのくらい時間が経ったのか分かりませんが、着いた先はなんと徳島県!!
海沿いのお店で魚を食べたのですが、これが新鮮で驚くほど美味しかったです。
その後、「せっかくだし、渦潮見ようか」といわれ、鳴門の方まで、行きました。
途中、海沿いの道を走ったのですが、そこから見える風景は、沖の方まで海だけが続いており、
普段高松から見る、島が点在する瀬戸内海の風景とはまた違った綺麗なものでした。
残念ながら、渦潮は発生のピークを終えた直後だったようで、グルグルとは巻いていませんでしたが、
名残を見ることができました。なので、今後は「渦潮は見たことがある」と言うことにしました。
山から見下ろす海の景色がすごく印象の残り、すっかり徳島好きになりました。
夕方、高松に戻り工事の進む現場に行ってから事務所に帰りました。
所長曰く、「今日行った現場ちょっと遠いねぇ」・・・だそうです(笑)。
いやぁ、びっくりしました。

サエキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

続・北海道

Rimg1031_1前回ヨシオカさんが書いていた通り、北海道に行ってきました。
モエレ沼公園がこの旅の目的でしたが、それ以外は小樽と札幌市街を見てきました。

Rimg1032小樽では、有名な運河沿いの散策もそこそこに食べ物やさんを巡っていました・・・。海が近いだけあって風が強く肌寒い気候でしたが、海産物がとてもおいしかったです。

札幌では大通公園をのんびりと歩きました。
Rimg1172真夏日にまでなった気温と強い日差しの下、人々が集う憩いの場になっていました。ビルが建ち並ぶ市街の中心で、周囲の喧騒を忘れるほどゆったりとした公園があるのは大変心地よいものでした。

どこへ行ってもスケールの大きさとゆとりを感じられた北海道でした。

イノウエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

モエレ沼公園

帰ってまいりました。北海道から。
今回、彫刻家イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園に行ってきました。

Cimg0069b_1

広大なスケールに驚き、園内を歩くうち(広すぎる為、自転車を借りましたが)様々に変化する景色に公園全体がひとつの彫刻であるという彼の考えに感嘆の思いでした。

Cimg0080b

その日は天気もよく、北海道は桜が咲いていました。犬と散歩している人、遊具で遊ぶ子供達、芝生に寝転んで過ごすカップル、花見をするおじいちゃんおばあちゃん、それぞれがゆったりとした時間の流れを楽しんでいました。


Cimg0107b

今回の旅行で本当に北海道は素晴らしいところだと、実感しました。是非また行きたいと思います。
(→某TV局裏の公園にて撮影)

ヨシオカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

居合

今日の今頃はヨシオカさんと二人で雄大な大地に立って羽を伸ばしているイノウエです。

さて、『居合』です。ご存知でしょうか?
刀を使って行う日本の伝統的な武道の一つだそうです。
なぜ突然に居合か、ということですが稽古に通い始めたんです。
・・・といっても夫がですが。長年の願いだったらしくこの5月から始めました。Rimg10301_2
Rimg10231_2

GW初日に見学を兼ねて私も稽古を見てきました。
道場は横浜・桜木町にあります。ランドマークタワーのある街です。
道場には凛とした空気が漂っていて、見ているだけで身が引き締まる思いがしました。
基本の稽古は、写真にもある模擬刀を使って形の稽古をし、自身の技を磨くのですが、
もとは実践から生じた武道なので、敵を想定した合理的で素早い技が特徴だそうです。

指導してくださる方は、なんと!真剣を使っていらっしゃいました。
試しに持たせてくださいましたが、恐れ多くて刀を振るどころの話ではありませんでした。

刀や稽古着など初期費用が結構かかるので、私は今回見送りましたが
一年後ぐらいには始めてみたいなぁ・・・と少し思いました。

イノウエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

GW

皆さん連休はどこかへ行きましたか?
僕は今年も妻の実家がある小豆島へ帰省しました。
今年は寒霞渓でトレッキング、潮干狩り、バイクでツーリング、庭の水やり、流しそうめんと、少し行動的!?に遊んできました。

060507
水やりをした「テッセン」です。
一輪だけ咲いていました。
このやわらかく品のある花びらがとても好きです。
自宅でも育ててみたいと思っています。

連休後半は先日竣工した「国分寺の家」の写真整理及び修整をしました。
いつもはヨシオカさんがやってくれるのですが、たまには自分でやらないと・・・。
なかなか時間のかかる作業で彼女の苦労が少し分かったような気がします。
(ほんの少しですが・・・。笑)

天気もよく、緑もきれいで、ビールもうまい小豆島での連休でした。

フジタ

060507_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

中国茶

今回の担当はヨシオカです。今日の最高気温28度。夏かと思えるような暑さです。

本日は最近はまっているもののひとつ、中国茶についてです。この間、神戸の中国茶専門店に行き『茶王103』(数字によってランクがあり、お値段にも差があります)を購入してまいりました。置いてあるところが少ないらしく(知らないだけかも知れませんが)横浜に住むイノウエさんならいざしれず、中々購入できません。
この『茶王』美味しいのです。まろやかで香りがよく、あとに穂のかな甘みが残ります。友人の中国出張土産にいくつかのお茶をわけてもらったのですが、中でも一番のお気に入りです。
調べてみますと、精神を安定させる働きがあり、神経を興奮させずストレスに対して耐性が上がるそうで、頭脳を酷使している受験生や冷静な判断力の求められる立場にある方などにはぴったりという、私には有難い飲み物です。
休日にお茶を飲むゆっくりとしたひととき。至福でございます。このGWにもお茶を飲み癒されたいと思います。

Cimg0039b_1

Cimg0001b_2

 左、パンダ写真は神戸の中華街にあったもの
 です。
 かわいいです。

 ヨシオカ

 
 先日、国分寺の家が竣工しました。近々アップする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »