« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/25

ドラマ化

ネタに毎回苦しんでいるのですが、今回もどうしようかと悩んでますと、めったに見ないTVのCMで次回月9のドラマの宣伝に目が止まりました。ドラマの名前は「のだめカンタービレ」。漫画です。ここ何年か漫画やら小説やらからドラマ化したり、映画化することが多くなっていますね。漫画好きの私ですが実写化したものはほとんど見ていません。実写化するにも限界があるでしょうし、短時間でまとめないといけないでしょうから省くエピソードもあるでしょう。漫画にしろ、小説にしろ原作の方が細かい描写がかかれているのは当たり前で。なによりその世界観を味わう方が映像としてみるより私には魅力的なのです。が、今回は観ます。何故ならクラッシック音楽の話だから。音が聞ける。しかも、ちゃんとオケまで結成しているという。聞いてみたいのです。ラプソディ・イン・ブルーのピアニカバージョンとか!音大の話なので色々な曲が登場します。私のクラッシック知識はこの漫画から得ているといって過言ではありません。(何の自慢にもならない・・・。)ただ、月9というのが、何とも。恋愛漫画ではなくコメディー漫画だった筈と思っている私なので。とにかく、どこまで忠実に再現しているのか解りませんが演奏を楽しみにしている今日この頃です。

ヨシオカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

須田悦弘展

現在猪熊美術館で開催されている、「須田悦弘展」に行ってきました。
まず展示室に入っての様子に驚きました。「雑草と建物」というと荒廃や退廃といった言葉が連想され、一瞬ドキッとさせられたのですが、その後、遠くに見える作品に向かって歩いて行き、最終的にしゃがんだ姿勢で鑑賞するということを繰り返しているうちに緊張感が和らぎ、初めに抱いたイメージとは逆に楽しさを感じました。展示室も正に「違った視点」から見ることになったのですが、それが更に緊張感を和らげている印象があり、面白かったです。この展覧会は10月1日(日)まで開催されているそうです。

サエキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

横浜ベイクォーター

Rimg13978月24日オープンした横浜ベイクォーターに行ってきました。みなとみらいには海を眺めながら散策できるスポットが沢山ありますが、横浜駅周辺となると海を楽しめる場所が意外と多くありませんでした。
Rimg1393今回行ったベイクォーターは横浜駅から徒歩で5分少々、横浜らしい景観を楽しみながら食事やショッピングができる今までありそうでなかった開放的な施設です。フロアは7階まで、屋内と屋外をつなぐ路地のような通路を回遊しながら買物ができます。夜に行ったので夜景がきれい見えました。オープンしてまだ間がなく、探索がてらウロウロしてる人が沢山いました(私も含め)。レストランやカフェを中心に、インテリア関連のショップが比較的多く入っています。私が気になったのは、アクタスとクアアイナとドッグカフェくらいでした・・・。それとシーバス乗場が2階にあるので、海からの風景を気軽に楽しむこともできます。
Rimg1395_1
オープンなカフェが多くベンチも沢山置いてあって、買物に疲れたら海を眺めつつ休憩するのもいいなぁと思う場所でした。
イノウエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

ライブ

所長が今回書けないらしいので代打です。菊は元気らしいです。
それは置いといて。。。
先日の土曜日に猪熊美術館cafemimocaでライブイベントがありました。cafe横のテラスで行うのですが、今回で第2弾。Pepe CaliforniaとLinaLinaさん。1弾目の高木一江さんも良かったですが今回もよかったです。
仕事の都合で後半からでしか聞けませんでしたがカッコよかった。しかも!歌の途中で流れ星が流れましてにわかに感動しておりました。あの某マンションさえ無ければ。。。
私は美術館に行くのは好きなので学生時代からよく行ってましたが(猪熊の場合高校生以下は無料だったので特に)今回のようにまた違った嗜好で行くのも楽しいです。また第3弾と続いていって欲しいですね。
情報提供のIさま。いつもありがとうございます。

ヨシオカ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »