« 須田悦弘展 | トップページ | 力のあるもの »

2006/09/25

ドラマ化

ネタに毎回苦しんでいるのですが、今回もどうしようかと悩んでますと、めったに見ないTVのCMで次回月9のドラマの宣伝に目が止まりました。ドラマの名前は「のだめカンタービレ」。漫画です。ここ何年か漫画やら小説やらからドラマ化したり、映画化することが多くなっていますね。漫画好きの私ですが実写化したものはほとんど見ていません。実写化するにも限界があるでしょうし、短時間でまとめないといけないでしょうから省くエピソードもあるでしょう。漫画にしろ、小説にしろ原作の方が細かい描写がかかれているのは当たり前で。なによりその世界観を味わう方が映像としてみるより私には魅力的なのです。が、今回は観ます。何故ならクラッシック音楽の話だから。音が聞ける。しかも、ちゃんとオケまで結成しているという。聞いてみたいのです。ラプソディ・イン・ブルーのピアニカバージョンとか!音大の話なので色々な曲が登場します。私のクラッシック知識はこの漫画から得ているといって過言ではありません。(何の自慢にもならない・・・。)ただ、月9というのが、何とも。恋愛漫画ではなくコメディー漫画だった筈と思っている私なので。とにかく、どこまで忠実に再現しているのか解りませんが演奏を楽しみにしている今日この頃です。

ヨシオカ

|

« 須田悦弘展 | トップページ | 力のあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94824/12034137

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ化:

« 須田悦弘展 | トップページ | 力のあるもの »