« ドラマ化 | トップページ | グラントワ »

2006/10/03

力のあるもの

(主観的な話で恐縮ですが・・・。)
どの世界も同じなのでしょうが、力のあるものとそうではないものがあると思います。
私は力のあるものを創って行きたいと考えていて、力のあるものを見ると安心できる自分がいます。
高松市美術館で開催中の「イサム・ノグチ 世界とつながる彫刻展」へ行ってきました。
テーマ別に展示された作品群はイサムさんの縦横無尽な創作活動を物語っており、久しぶりに力のあるものを見ることができました。
私も力のあるものを創れるよう頑張らないといけませんね。
今日は創ることの意味と勇気そして安心を与えてくれた一日でした。

フジタ

|

« ドラマ化 | トップページ | グラントワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94824/12134902

この記事へのトラックバック一覧です: 力のあるもの:

» 高松市美術館 イサムノグチ展 [よしぴーちゃんタイムゾーン]
高松市美術館で行われているのは正確には「イサム・ノグチ 世界とつながる彫刻展」 横浜美術館で今年のゴールデンウィークに行われていたものが滋賀県を経由してイサムノグチが最後に居を構えた高松で行われているわけだ。横浜美術館でも見に行った記憶もあるのだが、明日にはイサムノグチ庭園美術館に行くことだし、どうせ記憶なんてあやふやなんだから復習がてら見に行ってきた。  イサムノグチの仕事は彫刻として括るのは難しいほどスケールがでかい仕事をしている。そもそもイサムノグチはなんでもすぐに一通りこなせてしまった... [続きを読む]

受信: 2006/10/09 00:18

« ドラマ化 | トップページ | グラントワ »