« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

2007

「植物」

・今年は失敗。来年は頑張ります。

「建築」

・古い民家の改築工事をしました。現地の実測から始まり、解らない所は現場でおさめるという現場主義の毎日でした。
・昨年、共同で設計コンペに応募した作品が当選し実施設計をしました。1000坪を超える面積で結構大変でした。
・牟礼の家が日本建築士会連合会賞を受賞しました。著名な建築家の先生が現地審査に来られ色々な御意見をいただきました。大変勉強になりました。
・昨年から設計していた計画が2つ着工しました。一つは新築工事、もう一つは改築工事です。どちらも2008年春に竣工予定です。
・現在、実施設計中の仕事が2つ。計画中の仕事が2つ。クライアントと土地探しをしているのが1つ。スタッフの皆さん頑張ってください。
・建築旅行に行きました。韓国/スイス/北海道/愛知・三重・岐阜

「動物」

071231


・昨年デビューのピッピです。いつも親友のOSARUとけんかをしています。けんかをするほど仲がいいとはこのことか?


「ニューフェイス」

071231_2


・建築仲間のT氏と自転車を購入しました。早速、愛媛のサイクリング大会に参加してきました。天気もよく最高の一日でした。


「その他」

・スタッフの井上さんが一級建築士に合格しました。おめでとう。
・swiss+まだ続きます。

来年もより一層の精進を重ねてまいりたいと思います。

フジタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

現場日誌~コンクリート打設~

10月末に、現場で最終のコンクリート打設が行われました。
8時半から15時まで、約20名の職人さんたちが作業を行っていました。
コンクリート搬入、ポンプで圧送、流し込み、型枠調整、配筋の調整、表面の押さえなどなど・・・
各種工事の職人さんが、各々の役割を果たしつつ協力して作業を進めるチームプレーと、それを指揮する現場監督の様子を見ていると、建築は本当に色々な人々の手が入って、やっと建ち上がっていくものなんだなぁと改めて実感した次第です。
一応お手伝いということで、コンクリートを型枠内に行き渡らすための型枠を叩く作業に参加しましたが、結局役には立てなかったような・・・すみません。
とにかく現場は活気があり、勉強になることが多いです。
Rimg0332

イノウエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場日誌~上棟式~

小さい頃、近所の更地に家の基礎が出来、柱やら梁やらの部材が積まれて行くのを見ていると「この家はそろそろ棟上げだ!」と心躍らせていたものです。家の骨組が姿を現し棟があがると上棟式が行われ皆ビニール袋を片手に勇み立ち、鬼気迫る大人達にまぎれて参加していました。
地域によって違うのでしょうが私が小さい頃は棟上げといえば「餅投げ」
上棟式は無事、建物が完成することを祈願する儀式でありお餅を撒くのは災いを払うことかららしいのですが昨今の一般的な上棟式は施主が工事関係者に気持ちよく仕事を進めてもらうためのもてなしの意味が強く、簡素化、省略化される傾向にあるようです。近所づきあいの希薄化もあるのでしょうが、餅撒きまでしている所は見られなくなってしまいました。
その中、現在監理中の現場で餅撒きを行いました。上棟式が厳粛な中執り行われ、その後の餅撒きでは多くの方々が参加下さり大変な盛り上がりでした。クライアント、現場関係者、近隣の方々、皆が楽しく過ごし、解っていたつもりですが、改めてこのような風習が大切なものだと実感しました。
現場の結束も固くなり、今年も残りあとわずか。頑張りましょう。

ヨシオカ

01_r0010810

02_r0010855

03_r0010842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »