« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/28

備前焼のタイル

現在建設中の物件で、茶室の玄関部分に使用する備前焼のタイルが焼き上がったことをうけ、出来上がりを確認しに窯元のある岡山県備前市へ行ってきました。備前焼は釉薬を使わずに焼き、窯の中での火の当たり方や灰のかぶり方によって、現れる模様が異なってくるという特徴を持っています。R0011560
窯元では、実際の配置を想定してタイルが並べられ、備前焼き作家の方と、一枚一枚表情の異なるタイルの配置の検討が行われました。備前焼は使うほどに色艶の深みが増すといわれます。今後、実際に貼られるタイルが時間と共にどのような表情の変化をみせるのか、非常に楽しみです。

サエキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/21

関東建築旅行2~八王子~

昨日、高松は雪。普段1時間もかからない道のりを2時間かけて帰宅しました。隣の車があきらかに車体を斜めに滑っていく恐怖。いつも温暖な気候の香川、このような時は何の準備もしていませんから、怖いですね。
 さて、関東建築旅行。皆さんにとって「図書館」とはどのような「場」ですか?私は決して居心地の良い所ではなかったと思います。通路が狭かったり本棚が圧迫して閉塞感があったり。本を借りる、調べるという目的が達成されればそれで良いのですが。家で本を読むにはだらけ過ぎる、ある程度の緊張感を持ちながらも落ち着いて読める。そのような図書館。私が好んで通っていた所は広めの通路の端で地べたに座って本を読む学生達が多く、そこが一番居心地良かったものです。
 ゆとりがある居心地の良い図書館。今回訪れた伊東豊雄氏による「多摩美術大学図書館」がまさにそうでした。本棚は低く室内の端まで見渡せ、周辺に大きく開かれた窓により景色を望めます。1階の床はゆるやかなスロープが波打ち、そこに配置されたソファに学生は寝転びながら本をめくっています。アカデミックな場である図書館を古典でありながら新しい空間が生み出されている。

R0011122_1_3

R0011136_2_2

R0011151_3

「建築」は社会、思想、歴史、技術、流行など様々な諸条件が絡み合い生まれます。「建築」を見る時、その建築家は何を意図しているのか考えます。この建物において思うことは多々あり、ここで詳しく述べませんが何よりこのような空間が身近にあるというのは幸せだと思いました。美大という表現を学ぶべき教育の場で(もちろん地域にも開放してある図書館ですが)このような場があるのは刺激になり糧となるのではないでしょうか。あぁ、羨ましいかぎりです。

ヨシオカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

関東建築旅行1~仙川~

1月12~14日の連休に、所長とスタッフとで関東の1都2県の建築を見てまわりました。これから何回かに分けて紹介していきたいと思います。
まず初日。東京はあいにくの雨。前日まで晴れて暖かかったのが嘘のように、しとしとと雨は降り寒さが身に染み入ります。
当日到着予定だった所長は濃霧で飛行機の出発が遅れたため、先にスタッフ二人で東京は調布市仙川に建ち並ぶ安藤忠雄氏の建築群を目指して歩き出しました。
建築マップ片手に方向音痴なスタッフが2人。すんなり目的地に到着するはずもなく、目印の建物も見つけられないまま歩くこと15分。途方にくれてたまたま近くのビル入口にいた守衛さんに道を尋ねると、みごとに真逆の方角に来てました。三人寄れば文殊の知恵といいますが、方向音痴が寄ったところで問題は解決されないことを再認識したところで、守衛さんに教えられたとおり進むと出発地点からわずか5分のところに安藤氏の建築は建っていました。・・・ホントごめんなさいyさん・・・。
さて、雨の中しなくてもいい苦労をして辿り着いたのは、仙川にある東京アートミュージアム。街並をつくるというプロジェクトにより計画された集合住宅、ミュージアム、劇場など5棟の建築が並んでいます。道路の両側に安藤氏の建築が建ち並ぶ・・・。静かに、しかし力強くそれらの建築は佇んでいました。Rimg0406_b_2Rimg0414_b_2
寒さに震えながらスタッフ2人は建築群を後にし、その後無事に所長と合流したのでした。
建築センサーを持つ所長を得て、一行は次なる目的地へと向かいます。

イノウエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

効能ありました

年末から年始にかけて実家へ帰省し、温泉好きの父親に連れられ出かけてきました。露天風呂の周りには、運良く昨日降ったと思われる雪が残り、お湯に浸かりながら自然を堪能しました。直前にスノコですべり、全身を強く打ったことなどすっかり忘れるほどリラックスし、身も心もリフレッシュすることができました。新しい年、頑張りたいと思います。今年もよろしくお願い致します。

サエキ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/01

2008

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
080101

※写真は事務所の梅(盆栽)です。花が咲きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »